【漫画】好きなファンタジー漫画の話。

投稿日: カテゴリー: 感想

ファンタジー漫画が!!!! 好き!!!!!!!

イズァローン伝説とポーの一族と綿の国星で育ってきたので、
少女漫画ベースで綴られるファンタジーが大好きです。
剣と魔法の世界も好きだけど、日常ににじりよるファンタジーが特に好きです。
色々買っていたものを整理整理。1作ずつねちねち語りたいのだけどなかなか時間と頭が整わない。

※表紙画像を気にせず表示したい関係でamazonアフィリエイトに飛びます。
※注文しやすい情報をなるべく掲載しておくので、気になったらAmazonでも本屋でも電子書籍でも何でも好きな所で買ってね!

■すこしふしぎな日常系

麦の惑星 3巻完結

不時着した宇宙人とパン屋さんのお話。

ジャンルはグルメになってるけど、疑似家族ものの花とゆめ系列のお話だよ。
パンが美味しそうなのもあるけど、個体主義の宇宙人まみた君と、便宜上兄として一緒に暮らしてる紺太くんの感覚差がとても丁寧に描かれてて好き。
登場人物としては、宇宙人まみたくん、パン屋の紺太くんと、まみたくんの通う学校の先生がメインになるのだけど、先生の話がとても落ち着いていて良いんだ。
私が一番好きなのは、ちょっとしんどそうな紺太くんと先生の会話。
『麦は冬の厳しさを越えてやっと豊かに実るのだ』っていう話。
このあとに「でも人は麦ではないから、厳しさをひたすらに耐え続けることはないんだ」と言う先生の会話がとても好き。
まみたくんから見える地球人の世界や、まみたくんに伝えることで見える世界がとても優しい。
日々野兄弟  現在2巻
変な兄と多分あともう一歩で無事厨二病を患うであろうラインにいる弟のお話。
日常シュールギャグかと思えば、妙に情緒豊かに揺さぶられるところもあり、ほんと秀先生の空気感は最高だぜ!!
気負わず読めるのに少し薄ら寒い設定があるようなないような、この団地は本当に存在してるのか? 団地の外には本当に世界が続いてるのか? みたいな空気が一瞬過ぎるのも堪らんのです。
基本的には単話完結の短いお話が詰まってるので気負わず読めるのも嬉しい。
針棘クレミーと主の家 現在2巻
児童書って実はしっかり読んで育ってなかったんだけど、もしかしたらこんな雰囲気なのでは…!?という作品。
ハリネズミとわんことにゃんことサボテンの愛らしい作画と共に、ガーデニングに精を出すオールバック紳士や、家に住んでる精霊や妖精たちが描かれててとても可愛い。
可愛いだけでなく、悪さをするタイプの妖精がいるとこも良い。
画面も枠外まで遊び心があって、1ページずつが絵本のようで可愛いんだ。
翻訳独特の言い回しを感じられる会話も好き。
魔法自家発電 全1巻
この作者さんがとにかく気になって、作家買いで集めてしまった。
いちばん初めに買ったのがこちらです。
何かこう……大島弓子の文脈が萩尾望都で再現されたみたいな……。
気にならない訳がない空気が出てるんだよお。
ファンタジーではあるのだけど、こちらはどちらかというと個々のイメージや内面が映像化されたようなファンタジーです。
局地的に例えるならアフタヌーンよりはボニータ。

■ほのぼのしみじみ人外ライフ

となりの妖怪さん 現1巻
何か見たことあると思ったらツイッターで見た絵だ!!
表題のとおり、お隣に妖怪さんが暮らしてる世界のお話です。
隣の席の子が河童だったり、うちの猫二股になりそうだけど見に来る?な世界。
妖怪になったらなったでお役所に届けないといけないのよ。
このね……このオス三毛の化け猫ちゃんが可愛くってさ……。
巻末には設定資料集も豊富だぞ!

■世界に浸りたい系ファンタジー

とんがり帽子のアトリエ 現4巻

よろしいならば画力だ。
ひたすらに画力isパワーで画面見てるだけで幸せになれてしまう作品。
魔法の成り立ちとか発動方法とか考えるとときめいてしまうタイプにはとてもオススメ。
何がどの要素になって、ではどれを変えたらどんな魔法になるのかがしっかり描かれてる。
魔法を使うために必要なのは日々のたゆまぬ努力と閃きというところもすごく好き。
しれっと羽耳の馬が空飛ぶ馬車を引いて降り立ってきたり、魔道具屋さんだってあるぞ!
あと師匠先生がやたらえろい。
大丈夫ですかそんなにえろくて。

人馬 4巻完結

アトリエとは真逆のファンタジー。
熱い勢いに飲まれたいなら是非おすすめしたい。
自然!! 山々!!! そして人馬!!! さらに戦!!! そなたは生きろ!!!!!!
の勢いに全部飲まれて、読み終わったあとに茫然としてしまう。
そして人馬の描写に並々ならない愛が感じられる。
山岳に暮らす人馬と平野に暮らす人馬の、生活様式にあわせた描き分けがされているところからしてもう堪らん。
1巻の表紙を飾ってる荒々しい人馬の松風父さんがほんと父さんで良いんですよ……。
道をつないで次に継いで生きていく姿がすごく格好良いんだ……。

■ファンタジーで熱めのバディもの

魔女と野獣 現3巻

設定だけでひたすら性癖を殴られている。
17人の初代から受け継がれてきた「魔女」とか、
眉なしオールバックで煙草をくゆらせて腕をまくれば術式が刻まれてる魔術師とか、
少女の姿に封じられる呪いをかけられたよく分からん何か(強い)とか、
死してなお忠誠を誓う死霊騎士を従えたアンデッドマスターとか、
対魔女特化の「聖騎士団」とか、精霊と契約した規格外に強い魔術師とか、
そんなの大好きに決まってるだろいい加減にしろ!!!!!
戦う姿がまた格好いいんだ。
魔法の戦闘シーンが見たい欲を満たしてくれる。

LIMBO THE KING 現4巻

BANANA FISHが好きかい。攻殻機動隊も好きかい。そんじゃあこれだよ!!!
今いちばん推したい。
眠り病が蔓延した近未来で病原体を駆除するために夢の中にダイブをするバディもの。
夢ならではの不条理な不気味さと、その不気味さを生み出すのが罹患者のトラウマだったり
ダイブを繰り返して夢と現実を行き来しているうちに徐々に現実から足抜けしていく様子だったり、
それらがとてもこう、地に足が着いたように描かれているのが楽しい。楽しい。
一部レビューに洋ドラの単語があったけど雰囲気はとても似てるかもしれない。
ジョークとシリアスが入り混じりながら段々のっぴきならない状態になって今4巻。
続き物を追うのは楽しいけどもどかしいいいいい。

関連記事