その他短編

即興小説トレーニングだったり、他の短編。

手は届くのに心は遠かった|一次SS

 手は届くのに心は遠かった。  手を伸ばしてくれているのはあなただし、もし僕のこれが心と呼ぶようなものであれば、という話だけど。僕を熱心に読み耽るあなたの目元はとても懐かしいもので、僕を支える手はかつ […]

黄金の子守|一次SS

 かしずくことはさして苦ではないの。それなりに扱い方も覚えてきたし。まだ知らないことも大層多いけれど、それはこれから覚えていけば良いことだわ。  肌着は生成り。淡く漂うミルクの匂い。毛はまだ揃っていな […]

とてつもない朝|一次SS

 22時。夜食に買ったカップ麺にお湯を入れてからとうに15分は過ぎた。またたっぷりスープを吸ったふやけた何かを食べるはめになる。目の端でのびていくカップ麺を確認しながらも、私はまだモニターから目を離せ […]

私のペン|一次SS

 「これと、こっちの黒いのと、あと前に買ったのはまだある?」  小さな瓶詰めが並ぶ店のカウンターであれこれと指をさすと、店主は慣れた様子で瓶詰めを棚から取り出して私の前に並べる。瓶詰めの中では色とりど […]